« ザ・イロモネア#41(2009.06.11) | トップページ | イッテQ#83(2009.06.14) »

2009年6月16日 (火)

ソクラテスの人事#9(2009.06.11)

毎回オープニングの、今回のダイジェストが変わっていて手が込んでいますね~
前回同様番組最初にゲストの皆さんのセールスポイントを紹介しており、
今回は皆さんの直筆で書いたのがナンチャンらMC席後ろのモニターに
映し出されていました。
それぞれ自分が書いたポイントについて説明していましたが、ブラックマヨネーズが
説明していても「ブラックマヨネーズはもういいですから」と終わらしていましたw
まず最初の企業は株式会社ユー・エス・ジェイの『面接官を生き物に例えてください』
面接官の自己紹介を聞いて答えます。
会社がユニバーサルスタジオジャパンを運営しているので
ナンチャンが「芸能人とは人を喜ばせることですからね」とプレッシャーを与えていましたw
しかし面接官が女性だったので皆さん、特に男性人は口説きモードになっていましたw
この試験では対応力、発想力を見ています。
続いては株式会社フェリシモからの『オリジナルの検定試験を考えてください』
皆さんが考えている間にナンチャンもオリジナル検定試験を考え
「姿勢検定試験」を提案していました。そして一級の歩き方を見せていましたv
この試験では社会価値、市場創造性を見ています。
2問終わってナンチャンが柔軟に対応できるか、変化にどう対応するか?を
皆さんに問いかけて、神田アナウンサーもVTRで高田純二さんにアドリブ力を
聞いていました。
ソクラテスの外回りではこの変化対応力を鍛えるため、インプロ=即興劇を使った
研修を受けていました。
スタジオでもこの即興劇を体験していました。
最後は株式会社ポニーキャニオンの『告白するなら電話?メール?』
ディスカッション形式で行われますが、それぞれの分かれ方は強制的で
それによって与えられた立場で力を発揮できるか、言葉の力でいかに人を動かすことが
できるか、を見ています。
この会社はCDやDVDを手がけており、紹介VTRで映ったDVDのパッケージ一覧に
笑う犬のDVDBOXがありましたw
これだけBOXだったので高さが高い分目立ったいました。あと端の方にウサビッチのDVDが。
採用者発表時にブラックマヨネーズ吉田がフェイントされ、ナンチャンを呼び掛け
謝ることを要求していましたw
そして本当の採用者は相方の小杉で、採用理由が目が輝いていた、と言ったので
「頭も輝いている」とナンチャンが言っていましたw
番組終了後の様子が流れ、皆さん試験を受けての感想、グチを言っていました。
そして皆さんスタジオ中央に集まっていたのでこれからタイトルコールを撮るのかな~?

|

« ザ・イロモネア#41(2009.06.11) | トップページ | イッテQ#83(2009.06.14) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。